研究論文

院長の執筆した研究論文

  • 寺井毅、松本健史、坂本直人、別府加寿子、澁谷智義、小谷知弘、立之英明、福嶋浩文、村上敬、田島譲、長田太郎、渡辺純夫:大腸内視鏡:注意すべき偶発症と予防. 消化器内視鏡 28: 646-651, 2016年
  • 寺井毅:苦痛のない大腸内視鏡挿入法―私はこうしている. 消化器の臨床 17:145-150, 2014年
  • 寺井毅:太った患者における大腸内視鏡挿入のコツ. 消化器内視鏡 26: 389-394, 2014年
  • 寺井毅:苦痛のない大腸内視鏡挿入法―私はこうしている. 消化器の臨床 17:145-150, 2014年
  • 寺井毅、坂本直人、渡辺純夫: 8㎜のIIa+IIc型SM高度浸潤癌の1例. 消化器内視鏡 25: 1295-1297, 2013年
  • 寺井毅:大腸内視鏡 トラブルを回避するためのポイント 癒着例、憩室多発例の挿入をどう行うか. 消化器の臨床 15:655-657, 2012年
  • 寺井毅、坂本直人、松本健史、別府加寿子、渋谷智義、長田太郎、永原章仁、荻原達雄、渡辺純夫、渡辺英伸: [総論]大腸ポリープの診断―腺腫の形態別の特徴も含めて. 臨牀消化器内科 26: 1579-1588, 2011年
  • 寺井毅:大腸の立体解剖から体位変換と用手圧迫のコツをマスターする. 消化器内視鏡 23: 1519-1523, 2011年
  • 寺井毅、渡辺英伸:分割切除のテクニック―遺残・再発を避けるコツ. 消化器内視鏡 21: 1420-1424, 2009年
  • 寺井毅:右側結腸曲通過法―横行結腸から上行結腸への挿入を中心に―. 消化器内視鏡 21: 574-579, 2009年
  • 寺井毅:大腸癌のメインルートはなにか. 大腸癌のメインルートに関する私見―部位別発生について. 早期大腸癌 12:608, 2008年
  • 寺井毅、坂本直人、渡辺英伸、松本健史、別府加寿子、澁谷智義、黒沢明彦、長田太郎、永原章仁、大高道郎、荻原達雄、渡辺純夫:開業医にも拡大内視鏡は必要か. 臨床消化器内科 23: 1591-1597, 2008年
  • 寺井毅、坂本直人、別府加寿子、澁谷智義、松本健史、黒澤明彦、長田太郎、川辺正人、浪久晶弘、永原章仁、大草敏史、荻原達雄、阿部哲史、渡辺純夫:挿入手技の実際 用手圧迫の基本とコツ. 消化器内視鏡 19: 344-348, 2007年
  • 寺井毅、坂本直人、澁谷智義、別府加寿子、松本健史、阿部哲史、黒澤明彦、長田太郎、川辺正人、浪久晶弘、永原章仁、大草敏史、荻原達雄、藤井博昭、平井周、太田秀二郎、渡辺純夫:計画的分割切除・EMR後遺残病変の診断への応用. 胃と腸 42: 823-832, 2007年
  • 寺井毅:How to―だれにでもできる拡大内視鏡観察. 早期大腸癌 10:259-264, 2006年
  • 寺井毅、坂本直人、阿部哲史、別府加寿子、浪久晶弘、黒澤明彦、長田太郎、永原章仁、大草敏史、荻原達雄、佐藤信紘:いわゆる側方発育型大腸腫瘍の治療―私はこう考える. 胃と腸 40: 1843-1846, 2005年
  • 寺井毅:挿入困難例とその対処法.腸管の走行や長さに起因する挿入困難例.盲腸が骨盤中央にまで深く入り込んでいる症例.  早期大腸癌 9: 300-301, 2005年
  • 寺井毅、阿部哲史、別府加寿子、坂本直人、小林修、長田太郎、黒澤明彦、大草敏史、荻原達雄、佐藤信紘: 10mm以上表面陥凹型腫瘍-発育進展における位置付け. 早期大腸癌 8: 222-224, 2004年
  • 寺井毅、阿部哲史、別府加寿子、井奥艶子、坂本直人、潘文勝、小林修、長田太郎、大高恵一、大草敏史、三輪洋人、荻原達雄、佐藤信紘:内視鏡切除技術の進歩 スネアリングの技術的工夫 大腸EMRにおける分割切除法の現状と技術的工夫. 早期大腸癌 7: 525-530, 2003年
  • 寺井毅、阿部哲史、別府加寿子、井奥艶子、坂本直人、小林修、大草敏史、荻原達雄、佐藤信紘:挿入困難例とその克服方法 UPDを使用した挿入困難例の克服. 早期大腸癌 7: 457-461, 2003年
  • 寺井毅、佐藤信紘:本号におけるLST由来進行癌の現状. 早期大腸癌 7: 179-182, 2003年
  • 寺井毅、阿部哲史、平井周、別府加寿子、小林修、大高恵一、大草敏史、三輪洋人、荻原達雄、佐藤信紘:IIaとIs型腫瘍の内視鏡的判別のポイントーIIaの内視鏡的取り扱いを中心に. 消化器内視鏡 14: 1859-1864, 2002
  • 寺井毅、阿部哲史、佐藤信紘:EMR一括切除法. 消化器内視鏡 14: 1481-1484, 2002年
  • 寺井毅、阿部哲史、平井周、坂本直人、小林修、柏倉浩一、浪久晶弘、大草敏史、三輪洋人、荻原達雄、佐藤信紘:V型pit patternの診断とその臨床的意義-V型をめぐる臨床病理学的検討. 早期大腸癌 5: 533-540, 2001年
  • 寺井毅、阿部哲史、坂本直人、小林修、柏倉浩一、浪久晶弘、永原章仁、大草敏史、三輪洋人、荻原達雄、佐藤信紘:大腸スコープの挿入法-挿入困難例における用手圧迫や体位変換を中心に. 消化器内視鏡 13: 1153-1159, 2001年
  • 寺井毅、阿部哲史、坂本直人、小林修、柏倉浩一、浪久晶弘、山田俊夫、永原章仁、三輪洋人、荻原達雄、平井周、佐藤信紘:IIcとLST非顆粒型の相違点と類似点-盆状陥凹型のLST非顆粒型に注目して. 早期大腸癌 4: 325-333, 2000年
  • 寺井毅:汎用内視鏡によるtotal colonoscopy の挿入法. Q&A 早期大腸癌 4: 42,43,52,53 2000年
  • 寺井毅、阿部哲史、坂本直人、宮田隆光、小林修、荻原達雄、平井周、鎌野俊紀、佐藤信紘:pit patternによる深達度深達度診断が難しかったIs型早期大腸癌の1例. 胃と腸 34: 1674-1675, 1999年
  • Terai T, Miwa H, Sato N: Which parameter, marginal irregularity or tumor size, is more closely related to a malignant potential in flat elevated type of colorectal tumor- Response. Gastrointest Endosc 50: 307, 1999年
  • 寺井毅、大野康彦、坂本直人、山田俊夫、太田一樹、佐藤謙治、小林修、三輪洋人、荻原達雄、佐藤信紘:大腸拡大内視鏡の有用性について-腫瘍・非腫瘍、腺腫と癌の鑑別を中心に. 早期大腸癌 3: 117-125, 1999年
  • 寺井毅、大野康彦、坂本直人、二瓶英人、小林修、三輪洋人、荻原達雄、佐藤信紘:大腸腫瘍内視鏡的切除の根治度判定-私はこうしている-腺腫・m癌を中心に. 胃と腸 34: 663-664, 1999年
  • 寺井毅、今井靖、二瓶英人、坂本直人、大野康彦、小林修、三輪洋人、荻原達雄、平井周、佐藤信紘: LSTの臨床的意義-臨床病理学的検討からみたその特殊性. 早期大腸癌 2: 505-516, 1998年
  • 寺井毅 : いわゆる大腸側方発育型腫瘍(LST)とは テーマを終えて. 早期大腸癌 2: 565, 1998年
  • 寺井毅、坂本直人、二瓶英人、大野康彦、小林修、三輪洋人、荻原達雄、平井周、佐藤信紘:内視鏡によるsm癌の診断 肉眼型による深達度診断(通常内視鏡). 早期大腸癌 2: 411-418, 1998年
  • 寺井毅:Ⅱc類似病変の内視鏡像-色素のたまりによる形態の多様性. 早期大腸癌 2: 125-129, 1998年
  • Terai T, Miwa H, Imai Y, Wada R, Ogihara T, Sato N: Analysis of the depressed area of small flat and depressed-type colorectal tumors as a marker of malignant potential. Gastrointest Endosc 45: 412-414, 1997年
  • 寺井毅:表面陥凹型大腸腫瘍(腺腫、癌)とまぎらわしい陥凹性病変との鑑別(3)大腸Ⅱcと鑑別の必要な病変(所見)とその鑑別ポイントd.過形成性ポリープ(hyperplastic polyp)(2). 早期大腸癌 1: 180-181, 1997年
  • 寺井毅、佐藤信紘:大腸早期癌の内視鏡診断と治療. 順天堂医学 43: 21-30, 1997年
  • 寺井毅、二瓶英人、大野康彦、小林修、三輪洋人、荻原達雄、佐藤信紘:拡大内視鏡を用いた消化管病変の観察. 消化器科 25: 233-240, 1997年
  • 寺井毅、二瓶英人、大野康彦、小林修、荻原達雄、佐藤信紘:Ⅱcの典型症例-4mmのⅡc+Ⅱa型sm癌の1例. 早期大腸癌 1: 69-71, 1997年
  • 寺井毅、平井周、阿部寛、別府倫兄、二瓶英人、長田太郎、小林修、今井靖、三輪洋人、荻原達雄、山田聡、佐藤信紘:serrated adenomaからの癌化と思われる大腸進行癌の1例. 胃と腸 31: 1521-1526, 1996年
  • 寺井毅、今井靖、二瓶英人、大野康彦、山田俊夫、太田一樹、三輪洋人、荻原達雄、佐藤信紘、和田了:大腸lateral spreading tumor-non-granular typeの2例. 胃と腸, 31: 209-214, 1996年
  • 寺井毅、今井靖、二瓶英人、三輪洋人、荻原達雄、阿部寛、和田了、佐藤信紘:”pit pattern”は大腸腫瘍の診断に有用か-私はこう考える. 胃と腸 31: 1380-1382, 1996年
  • 寺井毅、荻原達雄:大腸表面型腫瘍の内視鏡診断. 医学のあゆみ 173: 547-551, 1995年
  • 寺井毅、近藤健司、渡辺晴生、岩崎良三、大蔵隆一、梁承郁、三輪洋人、碓井芳樹、荻原達雄、浜田勉、佐藤信紘、大橋薫、平井周、和田了:微小陥凹型早期大腸癌(sm癌)の2例. Gastroenterol Endosc 34: 2605-2609, 1992年

関連論文


  • Yasushi Sano, Shinji Tanaka, Shin-ei Kudo, Shoichi Saito, Takahisa Matsuda, Yoshiki Wada, Takahiro Fujii, Hiroaki Ikematsu, Toshio Uraoka, Nozomu Kobayashi, Hisashi Nakamura, Kinichi Hotta, Takahiro Horimatsu, Naoto Sakamoto, Kuang-I Fu, Osamu Tsuruta, Hiroshi Kawano, Hiroshi Kashida, Yoji Takeuchi, Hirohisa Machida, Toshihiro Kusaka, Naohisa Yoshida, Ichiro Hirata, Takeshi Terai, Hiro-o Yamano, Kazuhiro Kaneko, Takeshi Nakajima, Taku Sakamoto, Yuichiro Yamaguchi, Naoto Tamai, Naoko Nakano, Nana Hayashi, Shiro Oka, Mineo Iwatate, Hideki Ishikawa, Yoshitaka Murakami, Shigeaki Yoshida and Yutaka Saito: Narrow-band imaging (NBI) magnifying endoscopic classification of colorectal tumors proposed by the japan NBI Expert Team. 28: 526-533, 2016年
  • 佐野寧、田中信治、工藤進英、斎藤彰一、松田尚久、和田祥城、藤井隆広、池松弘朗、浦岡俊夫、小林望、中村尚志、堀田欣一、堀松高博、坂本直人、傅光義、鶴田修、河野弘志、樫田博史、竹内洋司、町田浩久、日下利広、吉田直久、平田一郎、寺井毅、山野泰穂、金子和弘、中島健、坂本琢、山口裕一郎、玉井尚人、丸山尚子、林奈那、岡志郎、岩館峰雄、石川秀樹、村上義孝、吉田茂昭、斎藤豊:The Japan NBI Expert Team(JNET)大腸拡大Narrow Band Imaging (NBI)分類. INTESTINE 19:5-18, 2015年
  • 坂本直人、長田太郎、冨木裕一、立之英明、上山浩也、森弘樹、渋谷智義、寺井毅、荻原達雄、渡辺純夫:大腸EMR/ESDの現状と適応. 消化器内科 57:240-248, 2013年
  • Matsumoto K, Nagahara A, Terai T, Ueyama H, Ritsuno H, Mori H, Nakae K, Beppu K, Shibuya T, Sakamoto N, Osada T, Ogihara T, Yao T, Watanabe S:Evaluation of new subclassification of type VI pit pattern for determining the depth and type of invasion of colorectal neoplasm. J Gastroenterol 46: 31-38 , 2011年
  • Beppu K, Nagahara A, Terai T, Matsumoto K, Shibuya T, Sakamoto N, Osada T, Kawabe M, Otaka M, Ogihara T,Watanabe S: Clinicopathological characteristics of colorectal cancer less than 10 mm in diameter and invading submucosa and below. J Gastroenterol Hepatol.25 Suppl 1:S57-61, 2010年
  • Shibuya T, Ohkusa T, Yokoyama T, Harada A, Beppu K, Sakamoto N, Osada T, Nagahara A, Terai T, Otaka M, Ogihara T,Watanabe S: Colonic mucosal lesions associated with long-term or short-term administration of nonsteroidal anti-inflammatory drugs. Colorectal Dis.12:1113-1121, 2010年
  • Ai X, Qian X, Pan W, Xu J. Hu W, Terai T, Sato N, Watanabe S: Ultrasound-guided percutaneous drainage may decrease the mortality of severe acute pancreatitis. J Gastroenterol 45: 77-85, 2010年
  • 岡志郎、田中信治、金尾浩幸、五十嵐正広、小林清典、佐野寧、斉藤裕輔、山本博徳、斉藤豊、飯石浩康、城卓志、青山伸郎、津田純郎、工藤進英、浦上尚之、渡邉聡明、松本主之、寺井毅、味岡洋一、加藤洋、藤盛孝博、岩下明徳、石黒信吾、下田忠和、長廻紘、杉原健一、武藤徹一郎:大腸SM癌内視鏡治療後の中期予後 大腸癌研究会「内視鏡治療後の至適サーベイランス」プロジェクト研究班アンケート調査から. 胃と腸 44 1286-1294, 2009年
  • 松本健史、寺井毅、阿部哲史、別府加寿子、澁谷智義、坂本直人、長田太郎、永原章仁、大高道郎、荻原達雄、渡辺純夫:大腸IIcの特徴―(1)内視鏡的特徴 b. 大腸陥凹型腫瘍―臨床病理学的特徴とpit patternを含めた内視鏡的特徴. 早期大腸癌 12:531-540, 2008年
  • 工藤進英、寺井毅:10mm以下の大腸SM以深癌;多施設データによる解析―第14回大腸IIc付置研究会の検討に基づいて 早期大腸癌 12:485-489, 2008年
  • 別府加寿子、寺井毅、坂本直人、松本健史、澁谷智義、森広樹、長田太郎、川辺正人、永原章仁、大高道郎、荻原達雄、渡辺純夫:小型大腸癌の臨床病理学的特徴―内視鏡治療の是非 (3)深達度別の検討から. 早期大腸癌 12:459-465, 2008年
  • Osada T, Ohkusa T, Okayasu I, Yoshida T, Hirai S, Beppu K, Shibuya T, Sakamoto N, Kobayashi O, Nagahara A, Terai T, Watanabe S: Correlations among total colonoscopic findings, clinical symptoms, and laboratory markers in ulcerative colitis. J Gastroenterol Hepatol 23: S262-S267, 2008年
  • 田中信治、五十嵐正広、小林清典、佐野寧、斉藤裕輔、山本博徳、斉藤豊、飯石浩康、城卓志、青山伸郎、津田純郎、工藤進英、浦上尚之、渡邉聡明、松本主之、寺井毅、岡志郎、金尾浩幸、味岡洋一、加藤洋、藤盛孝博、岩下明徳、石黒信吾、下田忠和、長廻紘、武藤徹一郎:大腸SM癌内視鏡治療後のサーベイランス 大腸癌研究会「内視鏡治療後の至適サーベイランス」プロジェクト研究班. 大腸疾患NOW2007 112-120, 2007年
  • Beppu K, Osada T, Nagahara A, Sakamoto N, Shibuya T, Kawabe M, Terai T, Ohkusa T, Ogihara T, Sato N, Kamano T, Hayashida Y, Watanabe S: Malignant lymphoma in the ileum diagnosed by double-balloon enteroscopy. World J Gastroenterol 13: 3388-3391, 2007年
  • 大草敏史、長田太郎、寺井毅、佐藤信紘、岡安勲:潰瘍性大腸炎の治療前後における内視鏡像と組織像の評価―大腸7箇所内視鏡・組織スコア総和方式の提唱―. Gastroenterol Endosc 48: 977-986, 2006年
  • 原田久、竹井謙之、永原章仁、別府加寿子、坂本直人、阿部哲史、寺井毅、荻原達雄、佐藤信紘:新しい小腸内視鏡検査―ダブルバルーン式小腸内視鏡検査―の有用性と今後の可能性. 順天堂医学 52: 69-75, 2006
  • Nagahara A, Miwa H, Minoo T, Hojo M, Kawabe M, Osada T, Kurosawa A, Asaoka D, Terai T, Ohkusa T, Sato N: Increased esophageal sensitivity to acid and saline in patients with nonerosive gastro-esophageal reflux disease. J Clin Gastroenterol 40: 891-895, 2006年
  • Abe S, Terai T, Sakamoto N, Beppu K, Nagahara A, Kobayashi O, Ohkusa T, Ogihara T, Hirai S, Kamano T, Miwa H, Sato N: Clinicopathological features of nonpolypoid colorectal tumors as viewed from the patients’ background. J Gastroenterol 41: 325-331, 2006年
  • 別府加寿子、寺井毅、阿部哲史、坂本直人、小林修、長田太郎、永原章仁、大草敏史、荻原達雄、三輪洋人、佐藤信紘:大腸腫瘍の内視鏡治療における後出血に関与する因子の検討. Gastroenterol Endosc 48: 987-, 2006
  • Pan W, Terai T, Abe S, Sakamoto N, Nagahara A, Ohkusa T, Ogihara T, Sato N: Location of early colorectal cancers at fold-top may reduce the risk of lymph node metastasis. Dis Colon Rectum 49: 579-587, 2006年
  • 坂本直人、寺井毅、小林修、別府加寿子、阿部哲史、冨木裕一、荻原達雄、鎌野俊紀、佐藤信紘:緊急内視鏡検査を必要とする下部消化管疾患. (4)大腸の腫瘍性疾患を中心に. 臨床消化器内科 20: 585-591, 2005
  • 阿部哲史、寺井毅:内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像 下部消化管. ひだ、 色調、丹羽寛文監修、田中信治、長南明道、田尻久雄編集、110-117,156-165、日本メディカルセンタ-、東京、2005年
  • 坂本直人、寺井毅、佐藤信紘: 大腸ポリープ、ポリポージス.Annual Review 消化器2005、戸田剛太郎、税所宏光、寺野彰、幕内雅敏編集、247-253、中外医学社、東京、2005年
  • 別府加寿子、寺井毅、佐藤信紘:肛門から直腸への進み方. 消化器の臨床、ヴァン メディカル、東京、2005年
  • Nomura T, Ohkusa T, Okayasu I, Yoshida T, Sakamoto M, Hayashi H, Benno Y, Hirai S, Hojo M, Kobayashi O, Terai T, Miwa H, Takei Y, Ogihara T, Sato N: Mucosa-associated bacterria in ulcerative colitis before and after antibiotic aombination therapy. Aliment Pharmacol Ther 21 :1017-1027, 2005年
  • Ohkusa T, Nomura T, Terai T, Miwa H, Kobayashi O, Hojo M, Takei Y, Ogihara T, Hirai S, Okayasu I, Sato N: Effectiveness of antibiotics combination therapy in patients with active ulcerative colitis: A randomized, controlled pilot trial with long-term follow-up. Scandinavian Journal of Gastroenterology 40: 1334-1342, 2005年
  • 阿部哲史、寺井毅、佐藤信紘:大腸LSTのEMR後に小穿孔が疑われた症例. 消化器内視鏡のトラブル防止マニュアル、275、日本メディカルセンター、東京、2004年
  • 別府加寿子、寺井毅、佐藤信紘:コントラスト法のコツ. 消化管拡大内視鏡診断の実際、159、金原出版、東京、2004年
  • 別府加寿子、寺井毅、佐藤信紘:染色法を行う基準と実際の手技上のコツ(大腸). 消化管拡大内視鏡診断の実際、157、金原出版、東京、2004年
  • Ohkusa T, Miwa H, Nomura T, Asaoka D, Kurosawa A, Sakamoto N, Abe S, Hojo M, Terai T, Ogihara T, Sato N: Improvement in serum pepsinogens and gastrin in long-term monitoring after eradication of Helicobacter pylori: comparison with H.pylori-negative patients. Aliment Pharmacol Ther 20 (Suppl. 1):25-32, 2004年
  • Sakamoto N,Terai T,Ajioka Y,Abe S,Kobayasi O,Hirai S,Hino O,Watanabe H,Sato N,Shimoda T,Fujii H: Frequent hypermethylation of RASSFIA in early flat-type colorectal tumors.Oncogene 23: 8900-8907, 2004年
  • Nagahara A, Miwa H, Kawabe M, Kurosawa A, Asaoka D, Hojo M, Terai T, Ohkusa T, Miyazaki A, Sato N: Second-line treatment for Helicobacter pylori infection in Japan -Proton pump inhibitor:based amoxicillin and metronidazole regimen.Journal of Gastroenterology 39: 1051-1056, 2004年
  • 阿部哲史、寺井毅、坂本直人、藤井博昭、平井周、別府加寿子、井奥艶子、小林修、長田太郎、大高恵一、永原章仁、大草敏史、三輪洋人、荻原達雄、佐藤信紘:LST由来の進行癌の臨床病理学的特徴 とくにLST non-granular type (LST-NG)の自然史を巡って. 早期大腸癌 7: 129-137, 2003年
  • 坂本直人、寺井毅、阿部哲史、別府加寿子、井奥艶子、小林修、大草敏史、荻原達雄、平井 周、佐藤信紘:大腸EMR後2年で局所再発した大腸sm癌の1例. 消化器内視鏡 15: 987-990, 2003年
  • Ohkusa T, Miwa H, Hojo M, Kumagai J, Tanizawa T, Asaoka D, Terai T, Ohkura R, Sato N: Endoscopic, Histological and Serologic Findings of Gastric Hyperplastic Polyps after eradication of Helicobacter pylori: Comparison between Responder and Non-Responder Cases. Digestion 68:57-62, 2003年
  • 坂本直人、寺井毅、阿部哲史、荻原達雄、佐藤信紘:Hyperplastic polypに発生したと思われる早期大腸癌の1例. 早期大腸癌 6: 440-441, 2002
  • Ohno Y, Terai T, Ogihara T, Hirai S, Miwa H: Colonic inflammation and tumors: Clinical and Clinicopathological studies. J Gastroenterol Hepatol 16: 770-776, 2001年
  • 坂本直人、寺井毅、平井周、阿部哲史、小林修、柏倉浩一、浪久晶弘、飯島克順、太田一樹、村井敏夫、永原章仁、大蔵隆一、三輪洋人、荻原達雄、佐藤信紘:Aberrant Crypt foci, Hyperplastic Polyp, Serrated Adenomaの同質と異質. 消化器内視鏡 13: 418-428, 2001年
  • 阿部哲史、寺井毅、佐藤信紘:V型pit pattern症例ー深達度診断が困難であったIIa+IIc型大腸進行癌の1例. 早期大腸癌 5: 564-565, 2001年
  • 田中信治、寺井毅、今井靖、工藤進英、鶴田修、藤井隆広、林俊壱: 座談会ーV型pit pattern診断の臨床的意義と問題点. 早期大腸癌 5: 595-613, 2001
  • 寺井毅、阿部哲史、平井周、坂本直人、小林修、柏倉浩一、浪久晶弘、大草敏史、三輪洋人、荻原達雄、佐藤信紘:遺残再発をおこした直腸顆粒型LST─2チャンネルスコープによる追加EMRが有効であった1例. 消化器内視鏡 13: 1643-1647, 2001年
  • 小野裕之、寺井毅:司会者総括ビデオシンポジウムー内視鏡的治療手技の進歩とコツ(食道・胃・大腸). Prog Dig Endos 58: 2001年
  • 坂本直人、寺井毅、平井周、阿部哲史、浪久晶弘、柏倉浩一、山田俊夫、小林修、永原章仁、三輪洋人、荻原達雄、佐藤信紘:特異な表面構造を示したIIa+dep早期大腸癌の1例. 消化器内視鏡 12: 1185-1189, 2000年
  • 小林修、三輪洋人、荻原達雄、寺井毅、広瀬美代子、佐藤信紘、辻井正彦、川野淳、渡辺純夫:Cyclooxygenase 2発現によるRat Intestinal Epithelial CellからのInducible Nitric Oxideの産生抑制. Ulcer Research 27: 119-123, 2000年
  • 荻原達雄、小林修、大野康彦、寺井毅、佐藤信紘:腸結核. 順天堂医学 44: 383-387, 1999年
  • 渡辺晴生、二瓶英人、村嵜範康、大井宏夫、渡邉一功、寺井毅、荻原達雄、小林修、三輪洋人、佐藤信紘:粘膜下層生食局注併用EUS(Enhanced EUS)-難しい襞上や大腸襞、下部直腸に存在する病変のEUS深達度診断の工夫. 早期大腸癌 3: 293-295, 1999年
  • 三輪洋人、箕輪朋子、太田一樹、岩崎良三、寺井毅、佐藤信紘:Helicobacter pylori除菌療法. 治療学 33: 429-432, 1999年
  • 大野康彦、寺井毅、平井周、坂本直人、二瓶英人、今井靖、小林修、三輪洋人、荻原達雄、佐藤信紘、富野康日己、橋本博史、別府倫兄:全身性エリテマトーシス(SLE)に合併し良性潰瘍に類似した形態を呈した大腸sm癌の1例. 胃と腸 34: 1559-1564, 1999年
  • Miwa H, Hirose M, Kikuchi S, Terai T, Iwazaki R, Kobayashi O, Takei Y, Ogihara T, Sato N: How useful is the detection kit for antibody to Helicobacter pylori in urine (URINERISA) in clinical practice? Am J Gastroenterol 94: 3460-3463, 1999年
  • 大野康彦、寺井毅、今井靖、松島央枝、二瓶英人、三輪洋人、荻原達雄、佐藤信紘、平井周:粘膜下腫瘍様の形態を呈した大腸癌の1例. 胃と腸 33: 1519-1524, 1998年
  • 荻原達雄、渡邊晴生、浪久昌弘、小林修、寺井毅、三輪洋人、佐藤信紘、金子守:蛍光内視鏡診断-不可視情報の可視化. BME 36: 113, 1998
  • 大野康彦、寺井毅、坂本直人、二瓶英人、小林修、三輪洋人、荻原達雄、佐藤信紘:内視鏡的検査による早期大腸癌発見の工夫. 消化器科 27: 29-37, 1998年
  • 小林修、三輪洋人、寺井毅、荻原達雄、佐藤信紘:クローン病の病因に対する最近のアプローチ. 消化器科 25: 302-307, 1998年
  • 和田了、寺井毅:補助的検討による大腸Ⅱcの組織診断-免疫組織学的検討からみた大腸ⅡCの組織診断. 早期大腸癌 2:199-206, 1998年
  • Miwa H, Matsushima H, Terai T, Tanaka H, Kawabe M, Namihisa A, Watanabe S, Sato N: Relapsed duodenal ulcer after cure of Helicobacter pylori infection. J Gastroenterol 33: 556-561, 1998年
  • Imai Y, Terai T, Miwa H, Ohno Y, Ogihara T, Sato N: Marginal irregularity of flat elevated type of colorectal tumor as a marker of malignant potential. Gastrointest Endosc 48: 263-266, 1998年
  • Miwa H, Mura T, Ohkura R, Nagahara A, Watanabe H, Terai T, Watanabe S, Sato N: Usefulness of the [13C]-urea breath test for detection of Helicobacter pylori infection in fasting patients. J Gastroenterol Hepatol 13: 1039-1043, 1998年
  • 和田了、須田耕一、寺井毅:表面型大腸腫瘍;病理組織学的検討. 消化器外科 20: 1323-1331, 1997年
  • 三輪洋人、寺井毅、岩崎良三、渡辺晴生、佐藤信紘:胃癌予防のためのH.pylori除菌の適応(H.pylori感染症の治療対象の選定). 消化器科 24: 295-298, 1997年
  • Itatsu T, Miwa H, Terai T, Ohkura R, Sorimachi S, Yang SW, Ogihara T, Watanabe S, Sato N: Multiple early esophageal cancers arising from Barrett’s esophagus, and a review of cases of early adenocarcinoma in Barrett’s esophagus in Japan. J Gastroenterol 32: 389-395, 1997年
  • Watanabe H, Miwa H, Terai T, Imai Y, Ogihara T, Sato N: Endoscopic ultrasonography for colorectal cancer using submucosal saline solution injection. Gastrointest Endosc 45: 508-511, 1997年
  • 今井靖、寺井毅、荻原達雄、佐藤信紘:大腸早期癌のX線検査. 綜合臨 45:161-177, 1996年
  • 佐藤謙治、荻原達雄、寺井毅、佐藤信紘:腸結核、単純性潰瘍のX線診断. 綜合臨 44: 2902-2907, 1995年
  • 山田俊夫、寺井毅、荻原達雄、佐藤信紘:クロ-ン病. 綜合臨 44: 2684-2690, 1995年
  • 荻原達雄、今井靖、岩崎良三、村井敏夫、前広康平、渡邊晴生、寺井毅、梁承郁、大蔵隆一、三輪洋人、佐藤信紘:近赤外光内視鏡による消化管粘膜血行動態の可視化. Ther Res 16:3076-3080, 1995年
  • 佐藤信紘、山田聰、二瓶英人、寺井毅、今井靖、小林修:大腸出血-その原因と対策. 綜合臨 43: 2413-2416, 1994年
  • 大野康彦、寺井毅、小林修、今井靖、村井敏夫、永原章仁、前広康平、渡辺晴生、岩崎良三、梁承郁、大蔵隆一、荻原達雄、山田聰、佐藤信紘、和田了:IIa+I様表面型大腸腫瘍9例の検討. Prog Dig Endos 44: 92-94, 1994
  • 岩崎良三、大蔵隆一、山田俊夫、小林修、寺井毅、渡辺晴生、梁承郁、荻原達雄、山田聰、佐藤信紘、近藤健司、浜田勉:化学療法で進行癌とその肝転移巣が消失したが早期癌が不変であった多発胃癌の1例. 日癌治療会誌 29: 1921-1926, 1994年
  • Wada R, Miwa H, Abe H, Kuwabara N, Suda K, Terai T, Kondo K, Matsukawa M: The possible association between expression of p53 and development in depressed type colorectal carcinoma. Acta Histochem Cytochem 26: 21-25, 1993年
  • 三輪洋人、浜田勉、大蔵隆一、梁承郁、渡邊晴生、近藤健司、岩崎良三、寺井毅、松川正明、和田了、桑原紀之、白壁彦夫、佐藤信紘:IIc(Ul-)からBorrmann2型胃癌への発育が4年8か月にわたり逆追跡された1例. 胃と腸 27: 105-110, 1992年
  • 永原章仁、三輪洋人、大蔵隆一、梁承郁、近藤健司、渡辺晴生、岩崎良三、寺井毅、荻原達雄、浜田勉、佐藤信紘:急速な経過を逆追跡できた食道アカラシアの1例. 日消誌 89: 23-25, 1992年
  • 三輪洋人、大蔵隆一、梁承郁、近藤健司、寺井毅、渡辺晴生、岩崎良三、永原章仁、遠藤啓一郎、大野康彦、荻原達雄、浜田勉、佐藤信紘、和田了、阿部寛、平井周:内視鏡粘膜切除術を用いた胃腺腫の臨床的対応-bromodeoxyuridineによる悪性度診断の工夫. Prog Dig Endos 40: 63-68, 1992年
  • 浜田勉、岩崎良三、高木由紀、近藤健司、三輪洋人、大蔵隆一、梁承郁、寺井毅、渡辺晴生、佐藤信紘、白壁彦夫:病院受診群からみたlinitis plastica型胃癌診断の現状. 胃と腸 27: 525-537, 1992年
  • 和田了、阿部寛、平井周、大谷花世、荒川敦、Ruth・Miyuki・山藤、飯島徹男、北村成大、桑原紀之、寺井毅、近藤健司、三輪洋人、山田聰、荻原達雄、浜田勉、松川正明:微小陥凹型大腸腺腫・癌の病理組織像・細胞動態像. 癌の臨床 38: 33-36, 1992 年