院長ご挨拶

寺井クリニックは、長年の実績と信頼、技術に裏づけられた内視鏡専門クリニックです。

順天堂医院での19年間、大腸を中心とした消化器内視鏡を専門とし、苦痛のない質の高い内視鏡診断治療に重点をおいた医療に日々精進してまいりました。とくに、大腸内視鏡検査は1990年より秋田日赤病院工藤進英先生(現昭和大学北部病院教授)の元、現在では標準化された大腸腫瘍を拡大して診断治療する医療の発展に努力。また当時日本で懐疑的意見が多かった陥凹型や側方発育型腫瘍の認知に貢献してまいりました。

当クリニックでは、最新式の拡大内視鏡NBIシステムを使った無痛で確実な診断治療をおこなっております。さらに、私の念願であった一人ひとりの患者さまにやさしい医療を信念として、お陰様で多くの患者さまに支持されて現在に至っております。これからも寺井クリニックは、スタッフ一同、患者様が安心して医療を受けられるクリニックを目指します。

日本消化器内視鏡学会認定専門医・指導医
日本消化器病学会認定専門医・指導医
日本内科学会認定医

院長 寺井 毅

寺井クリニック院長 寺井毅

院長プロフィール

医学博士 順天堂大学消化器内科非常勤講師

略歴

昭和61年3月 順天堂大学医学部卒業
昭和61年5月 順天堂医院内科臨床研修医
昭和63年6月 順天堂大学消化器内科勤務
平成03年7月 秋田日赤病院工藤進英先生(現昭和大学教授)のもとで研修
平成12年2月 順天堂大学消化器内科講師
平成15年9月 順天堂大学消化器内科医局長
平成18年6月 寺井クリニック開業

専門領域

消化器内視鏡、早期大腸がんの診断と治療、消化器内科学

資格と所属学会

日本消化器内視鏡学会認定専門医・指導医
日本消化器病学会認定専門医・指導医
日本内科学会認定医
日本消化器内視鏡学会関東支部会評議員
日本消化器内視鏡学会評議員

主な研究活動

2001年~大腸IIc研究会世話人
1998年大腸IIc附置研究会世話人
2007年大腸拡大内視鏡研究会世話人
2012年大腸NBI診断法の統一に関する研究会世話人
2015年大腸拡大内視鏡診断基準の統一と均てん化に向けた研究会世話人
2011年大腸NBI拡大内視鏡スキルアップアカデミー世話人
2017年~大腸内視鏡スキルアップアカデミー世話人

1997年雑誌早期大腸癌編集委員
2001年日本消化器内視鏡学会認定医試験実施委員
2010年Progress of Digestive Endoscopy査読委員

Best Doctors寺井毅

Best Doctors®医師の方が選ぶ名医(ベストドクター)に
2010年から選ばれ続けています。